2023/01/28(土)

641アクセス🐶

rss

2022/10/13 11:03

今日も、司法書士試験過去問ちらっと見を続けています・・・

ネット検索すると憲法20条の内容が出てきます、
参考にすることにしました。

さて、肢ア、肢イ、について(正しいのかどうかチェックできませんが)判断をつけときまして、
次に肢ウですね・・・

制度的保障というワードが出てきたので、これまたネット検索!!

いろいろと・・・考えて・・・こんがらがってきましたが、
制度的保障なので、直接私人に害がでなければ・・・??
でも、20条3項(ネット情報の、)には、”いかなる宗教的活動もしてはならない”とありまして、
このネット情報の憲法20条3項を前提にすると、
私人に害がでる、でない以前に、宗教的活動、全部いけませんという理解が可能なのだが・・・

六法全書ないので、仕方ない、
いかなる・・・も、禁止、= 全部禁止!!??
いや、ちょっとまった~!!??
”私人に対する関係で当然には違法と評価されるものではない”と問題文にあるので、
私人の人権が制限されていない以上、私人との関係で当然に違法と評価されない、
それじゃぁ、肢ウは、いいんでないかい?!
そのように思えてくる・・・

判例知識が司法書士試験受験にとって、重要だろうという予想?が改めて思い出されてくる・・・

それから司法書士試験を受験するには六法全書は必要でしょう・・・ね。

判例知識が必要?⇒判例六法とおもうのだが、
先日、ちらっと見した、午後の部の過去問36,37だったかなぁ・・・記述式があって、
司法書士試験だから、まぁ、不動産登記に関するもの・・・だろう・・???と。

すると、司法書士試験受験生になるとしたら、判例六法よりも最適な六法全書があるのかもしれないのだが、
それがなんだかわかりません🐶

やはり、独学で!!??というのはぁ・・・
でしょうか~

フルカラーテキストの司法書士講座 [こうこく]

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ HTML/CSSへ
にほんブログ村

PREV

NEXT