2023/01/28(土)

41アクセス🐶

rss

2022年10月2日 15:10:00

午後3:10になりました。

太陽光が斜めに感じられ始めました。

開業型資格

専門学校に出かけて資格試験の学習に励んでいる方の熱心な後ろ姿が、なんとなく連想されてまいります。

お金の為、そして、やりがいのある仕事・人生の為、資格試験にチャレンジしているのでしょうね、
そのような作文をしているうちに、わたくしも何かの資格にチャレンジしてみようかな、
と、ときおり四角い表情をしては、あれこれ思案しては、ため息を漏らしています。

先日の作文の延長線上で資格を選ぶならば、
実技試験がある?FPなどの試験よりも、
答案用紙を提出し、そのスコアで合否が決まる試験のほうが望ましく、
スコア・・・そうだ、TOEICなどいいなぁ・・・と。

TOEICは、スキルアップというか会社勤務が前提で英語の能力がなくはないですよ、というアピールのために
または、
英語塾を開き、先生は英語できなくはないですよ、というアピールのために
有用だとおもわれるのだがしかし
いづれも評価・評定(上司による、OR、生徒と保護者などによる)が関係し、
その作文の延長線上を辿ると、
この、作文+広告貼り付け仕事が一番問題ない、
ということに改めて気づきます?、あれれ?

証券アナリストならば中小企業診断士にチャレンジか、
という作文をしたのが数日まえだったとおもうのだが、
そういえば、個人投資家になれば(成功したらの話ですが、)
このパソコン画面上、もう一つ仕事ができたことになるなぁ・・・と。

そこで、いつもの雑用など済ませながら、
すきま時間でやる気のスイッチをOn側にシフトして、
さきほど、アメブロを更新した、その内容は、
投資(を始めようかなぁ・・・)でした。

中小企業診断士は、多岐にわたる分野を横断的にみて診断するのだろう・・・と思っているのだが、
その一つには、投資ということもあるのだろうか・・・

くにが年金を投資で運用している部分があるようなので、
たぶん、中小企業の将来性診断の一つに、株式会社への組織変更や、
資産の一部の運用(投資などをしてよいものかどうかは専門家の知るところで、わたくしは、ちょっと、わかりませんが、)
等々も含まれるのかもしれないなぁ・・・
やりがい仕事、収入仕事としての資格についてあれこれ考えているうちに、
投資、そして、司法書士という資格もあるなぁ・・・と思いました。

司法書士

不動産登記で、宅建士のつとめる不動産屋さんはおなじみかとおもいますが、
たぶんだがぁ・・・司法書士は、商業登記も・・・だったようなぁ・・・

だから、家族経営の中小企業が株式会社になる場合、
司法書士の出番、活躍の機会、でしょうかぁ・・・そのような気がする。

認定

テレビ、ラジオで、認定司法書士というワードを最近聞くのだが、
司法書士試験に合格して法務省から認められたから司法書士と思っていて、
なぜ認定ってつけるんだろう?
そうおもっていて数か月後、検索したら、
訴額の小さ目な?訴訟について法廷で相手方と攻撃・防御、主張・立証など??
弁護士と同様なことができる司法書士が認定司法書士らしい・・・
(正確な情報は、予備校の先生や専門の人にでもきいてください、)
そのように思えてきて、
司法書士という資格もなかなか魅力的だなぁ・・・と。

PREV   NEXT